top of page
  • Centerboard  石原正博

なぜ経営理念やパーパスよりも「経営戦略の浸透」が重要なのか



「変化の時代に企業が生き残るためには、経営理念やパーパス(企業の存在意義)の浸透が大切である」

いま多くの企業がこのような大義のもと、理念浸透やパーパス経営の取組みを進めています。もちろん重要な取組みであり、それ自体を否定するものではありません。しかし、いま企業が本当に生き残るには、経営理念やパーパスよりも「経営戦略の浸透」に取組む必要があるのです。


そもそも両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

経営理念やパーパスというと、例えば「社会の課題を解決する」「人々の暮らしを豊かにする」といったものが掲げられるでしょう。企業が目指すべきものとして正しい方向性ではあるのですが、現場で働く社員にとってはとても抽象度が高いものとして捉えられます。

一方の経営戦略は、例えば「グローバル化」「デジタル化」「付加価値向上」といったように経営理念やパーパスと比べれば具体性は高くなります。場合によっては事業の選択と集中や構造改革など、社員にとっては痛みや抵抗を伴う内容となることもあります。このように経営理念やパーパスは抽象度が高くなる一方で、経営戦略はそれに比べれば具体性を備え、時には社員に受け入れにくい内容にもなることがあるのです


ではいまの日本企業に必要なのはどちらでしょうか?

例えば、500万人が携わる自動車業界は速やかにEVにシフトしていく必要があります。またIT、小売、電気等の多くの業界ではGAFAや中国や韓国の新興企業に負けない競争力を備えるために事業構造を変えていく必要があります。こうした大変革を乗り切る上では、現場で働く社員が、速やかに具体的な行動を起こしていく必要があり、その具体的な行動を起こすためには、経営理念やパーパスといった抽象度の高いものよりも、具体性のある経営戦略をしっかりと浸透させ、社員一人ひとりが明確な目的や方向性のもって、自分が何をしなければならないかを考える必要があるのです。


これまで「経営戦略の浸透」というと、どの企業においても課題認識はあるものの、決して解決の優先度は高くはありませんでした。しかし「経営戦略の浸透」は日本企業再生の鍵を握る重要な取組みであり、今すぐにでも取組むべき重要なテーマとなっているのです。




Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page