top of page

人と組織が成果を生み出す
経営戦略浸透コンサルティング

経営戦略浸透コンサルティングとは

「中期経営計画や成長戦略はあるが、実行が伴わず結果が出ない」
いま多くの企業がこの様な悩みを抱えています。なぜ社員は動かないのでしょうか?

戦略が実行されない企業に共通しているのは、戦略をただ作っただけで、社員が「理解し、納得し、腹に落ちている」状態ではないということ。そして、戦略に基づいて社員一人ひとりのやるべき事が明確になっていないということ。そのことで社員の行動は変わらず、変革は進まないのです。

さらに戦略への理解がないまま、業務改革、組織改革、DX推進、人材育成を進めても、「何のためにやるのか」の本来の意図や目的
が理解されていないため、経営が期待する結果には決して結びついていきません。

 

変革が進まない企業にとって経営戦略への理解と浸透は最優先で取組むべき課題なのです。

経営戦略浸透コンサルティングは、経営が目指す方針や戦略を、ミドルマネジメントを通じて現場まで浸透させ、主体的かつ具体的な実行を生み出すことで、企業の価値向上と持続的成長に結び付けていきます。

NEWS

2024.3.11

ダイヤモンドオンラインにてカスケードダウンの連載記事がスタートました。

2024.3.6

「カスケードダウン」 

-人と組織が自ら動く経営戦略の浸透策-

​が3月6日にダイヤモンド社より発売されました。

​ご購入はこちらから

bottom of page